レーザー脱毛の施術後に気をつけるポイントは?

せっかくのレーザー脱毛、最大限の効果を得るためには自分でも気をつけないといけないことがあります。レーザー脱毛は黒い色に反応する性質を利用して毛の生えるシステムを破壊するのですが、これは日焼けした肌にも反応します。

よって、脱毛中はずっと日焼け止めクリームや長袖シャツなどでの日焼け対策が重要です。


日焼けしてしまうと、レーザーの出力を下げたり、最悪施術自体を延期する必要があります。

新宿の脱毛について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

リゾート地へ行き日焼けする場合は、施術のスケジュールをよく相談するのが肝心です。

施術を終わった後の肌はとても乾燥しています。
普段よりもしっかりと保湿します。

沖縄の脱毛の情報を手に入れてみませんか?

また施術当日は湯船に浸かったり大量の飲酒をするのはやめておきます。

血流が良くなりすぎて副反応が出てしまいます。

レーザー脱毛の施術後一週間ほどで、反応が出た毛が抜け始めます。

皮膚に押されてどんどんと飛び出てきますが、あくまでも自然に抜け落ちるのを待って、毛抜きでひっぱたりしてはいけません。



どうしても気になる場合は、カミソリで剃るだけにします。


この時に保湿が足りないと、毛穴の中で毛が丸まったようになったり皮膚の下に毛が潜ってしまう迷入毛になってしまうので、リッチな使用感のクリームや化粧水でたっぷりと保湿をします。

施術後の皮膚は普段よりも敏感になりがちで、赤みも出ますが数日で治るので、医院でもらった薬などを塗って対処します。施術後一週間以上たっても赤みが引かないときは、医院に相談をするのが懸命です。